充分に沸騰させたお湯を専用の湯ざまし(お湯呑でも結構です)で、2〜5分位さまして下さい。
湯温は、70〜75度が最適です。
  お湯を一度通して温めた急須にお茶の葉をやや多めに入れ(茶さじ1杯2人前約7g)お湯を注ぎます。1〜2分位静かに置いて(お茶の葉がゆっくりひらきはじめるころ)お湯呑に最後の1〜2滴まで交互に平均して注ぎ分けて下さい。
 茶のうま味・甘味の成分は60度位で溶出し、渋味・苦味の成分は80度以上から多く浸出します。二煎、三煎目はやや熱めの湯で入れお茶のうま味に渋味をほどよく調和させて香り高い味をお楽しみくださいませ。
1.充分に沸騰させたお湯を専用の湯ざまし(お湯呑みでも結構です)に移し、お湯の温度をさげます。
2.お湯を一度通して温めた急須に、お茶の葉をやや多めに入れます。茶さじ1杯、2人前7gが目安となります。
3.湯ざましで2〜5分ほどさましたお湯を、そっと静かに急須へ注ぎます。お湯の温度は70〜75度が最適です。
4.お茶の葉がゆっくりひらきはじめるころまで、1〜2分位静かに待ちます。湯温がコツ。「湯加減こそ心なり」と申します。   5.あらかじめ温めておいたお湯呑みにお茶を注ぎます。最後の一滴まで交互に平均して注ぎ分けて下さい。   6.三翆園玉緑茶の香気馥郁とした新鮮な火香の旨味と本物の味わいを心ゆくまでお楽しみ下さいませ。
   玉緑茶の入れ方と同様ですが深く蒸して茶葉の繊維がやわらかくなり形状がこわれて新芽の部分が粉になっていますので、お好みの濃さに合わせて早目に(40〜60秒)注ぎ分け下さい。
 
   湯加減は人肌よりやや熱めの50〜60度(湯ざましして5〜8分間)小ぶりな茶器を用い、茶の葉はタップリとお湯は茶葉が浸る程度に少な目に!(茶さじ2杯3人前約10g)
2〜3分ぐらいで最後の一滴まで注ぎ切ります。
舌の上でころがすようにしてお召し上がり下さいませ。
<<人吉・球磨の紹介>>


■国宝青井阿蘇神社
大同元年(806年)に創建され、球磨地方を代表する神社です。
平成20年6月9日に、国指定重要文化財の 青井阿蘇神社(本殿・廊・幣殿・拝殿・楼門)の五棟社殿群が熊本県に 現存するものとしては初めて、国宝に指定されました。茅葺の社寺建築としては、全国で初めての国宝となります。
青井阿蘇神社のように社殿群を一括で指定されることは稀なことであります。
国宝指定の理由としては、現在の社殿群は、人吉藩主相良家20代 相良長毎の命により、慶長年間に一連のものとして造営され、統一的意匠をもち、完成度も高いことが上げられました。
御社殿の特徴は、屋根の棟が高く勾配が急な茅葺屋根。全体の基調は黒漆塗としつつ、細部の木組は赤漆を併用する技法など、中世人吉球磨地方に展開した独自性の強い意匠を継承しつつ、彫刻や彩色、錺金具などは、桃山時代の豪華な装飾性・華やかさを持っています。
人吉球磨地方では、昔より『青井さん』の愛称で 親しまれています。
毎年、10月9日の神幸式を中心に、9日間、市民総出の「おくんち祭り」が行われ、人吉市内はお祭りムードで、大変 賑やかに包まれます。

     

Copyright © 2003-2013 Ochano-Sansuien Co. Allrights reserved.